お電話でのお問合せ

受付時間:9:00-21:00(月曜~土曜)

0120-351056

  • 学研の家庭教師 プロ講師コース 名門校合格のための一流講師陣

お子様に心から寄り添い、目標に向かって共に歩める方をお待ちしています。

万全の小学受験、中学受験、高校受験対策を実績ある学研の家庭教師にお任せください。

  • 行きたい志望校出身の先生に教えてもらえる!学研の家庭教師オンライン
  • オンライン授業も好評ですプロ講師コース
  • 一人で悩まないで不登校のための専門家庭教師
  • TOP
  • コラム
  • 【5分でおさらい】英語の比較級とは?見分け方のコツや訳し方のポイントを解説

【5分でおさらい】英語の比較級とは?
見分け方のコツや訳し方のポイントを解説

【5分でおさらい】英語の比較級とは?見分け方のコツや訳し方のポイントを解説

英語の比較級は、文法の中では一見難しくないように思えます。しかし、しっかりと使い分けができるかどうかと言われると、途端に自信がなくなり、苦手意識を持つ人も多いのではないでしょうか。

今回は、英語の比較級について、「英語の比較級の見分け方とは」「英語の比較級の作り方」「英語の比較級の訳し方」について、詳しく解説していきます。

比較級は、基本さえ押さえれば、場面によって適切に使い分けができます。苦手意識を持っているなら、この記事を読んで、上手に比較級を使いこなせるようになりましょう。

英語の比較級の見分け方とは

英語の比較級は、原級比較(同等比較)・比較級・最上級の3つに分けることができます。

・原級比較は同等比較 :「as~as」を使う
・比較級:「-er」または「more」と「than」を使う
・最上級:「the-est」または「most」を使う

・原級比較は同等比較
「主語(A)+動詞+as+形容詞/副詞+as~(B)」「主語(A)(B)と同じぐらい…だ)
・比較級
「主語(A)+動詞+形容詞/副詞-er than ~(B)」「主語(A)(B)よりも…だ)
・最上級
「主語+動詞+the 形容詞/副詞-est」「主語は最も(ほかのどれとも比べても)…だ」

このように、同じ比較級でも形によって意味が異なります。主語+動詞の後に何が使われているのかを見て、原級・比較級・最上級のどの比較級に当たるのか判断しましょう。

英語の基本の比較級

今回は、英語の基本的な比較級について、解説していきます。
こちらで紹介する比較級には、「-er」で表される比較以外に、程度の高さを表す「more」(AはBより~だ)を使う場合と、程度の低さを表す「less」(AはBほど~でない)があります。いずれも、主語Aと比べる対象Bの間に「than」を置き、AとBを比較します。

次の例文を見てみましょう。
(a)My brother is taller than my mother, but smaller than my father. (兄は母より背が高いが父より背が低い。)
(b)This sofa is more comfortable than that one. (このソファはあのソファよりも快適だ。)

例文(a)では、主語と動詞の後に「tall」「small」の比較級の「taller」「smaller」が使われています。
例文(b)では、主語と動詞の後に「more+comfortable」と、「more」と形容詞がそのまま使われています。

ポイントのおさらい

・原級比較「主語(A)+動詞+as+形容詞/副詞+as~(B)」「主語(A)(B)と同じぐらい…だ」
・比較級「主語(A)+動詞+形容詞/副詞-er than(B)」「主語(A)+動詞+more/less+形容詞/副詞than(B)」「主語(A)(B)よりも…だ」
・最上級「主語+動詞+the 形容詞/副詞-est」(主語は最も…だ)

英語の比較級の作り方

英語の基本的な比較級の作り方は次の通りです。

・主語+動詞+形容詞/副詞-er than ~
・主語+動詞+more+形容詞/副詞 than ~

-erを使った比較級

例:
tall-taller (高い-より高い)
small-smaller (小さい-より小さい)
short-shorter(短い-より短い)

このように、短い形容詞や副詞は、語尾に「-er」をつけます。
少し詳しい規則になりますが、1音節*(注)の形容詞や副詞以外にも、一部の2音節の形容詞や副詞(語尾が-y/-er/-le/owなど)が当てはまります。

また、短母音と子音で終わる語の場合は、語末の子音を重ねて「-er」をつけるので注意しましょう。
例:
big-bigger (大きい-より大きい)
hot-hotter (熱い・暑い-より熱い・より暑い)

*(注)音節:母音を中心にした音の区切り

moreを使った比較級

例:
difficult - more difficult (難しい-より難しい)
interesting - more interesting (おもしろい-よりおもしろい)

このように、基本的に2音節以上を使った長めの形容詞や副詞では、比較級を作るために、形容詞や副詞の前に「more」を使います。「more」を使った比較級の場合、語尾に「-er」はつけません。例えば、important、popular、famous などがそれに値します。数も少ないので単語帳などを使って覚えてしまいましょう。

ポイントのおさらい

・主語+動詞+形容詞/副詞-er than ~
・主語+動詞;more 形容詞/副詞 than ~
・「-er」と「more」はどちらか1つを使い同時には使えない
・短めの形容詞や副詞は語尾に「-er」をつける
基本的に2音節以上を使った長めの形容詞や副詞は前に「more」を使う

英語の比較級を訳すコツ

英語の比較級を訳す際は、まずは比較級なのか最上級なのか原級なのかを判断します。判断材料は、主語+動詞の後に続くのが何かです。続いて、何と何を比較しているのかを確認しましょう。「than」の後に続くものが「~より」の部分に当てはまるので、間違えないように気をつけましょう。
こちらでは、基本の比較級のみを扱います。

次の例文を見てみましょう。

(a) A dog runs faster than a cat. (犬は猫より速く走る。)
(b)Dogs are more friendly than cats. (犬は猫より人懐っこい。)

例文(a)では、名詞「a dog」(犬)が、「than」の後にある名詞「a cat」(猫)より、形容詞「fast」(速い)の比較級「faster」とわかります。
例文(b)では、名詞「dogs」(犬)が、「than」の後にある名詞「cats」(猫)より、形容詞「friendly」(人懐っこい)の比較級「more friendly」であるとわかります。

・A(主語)+動詞+形容詞/副詞-er than B
・A(主語)+動詞+more 形容詞/副詞 than B

このように、比較級は「-er」「more」のいずれを使っても、「AはBよりも…だ」と訳されると覚えておきましょう。比較する側か比較される側かの混乱を避けるためには、まず、主語(A)を訳すようにして、「Bより」の塊で約するようにするとよいでしょう。

ポイントのおさらい

・A(主語)+動詞+形容詞/副詞-er than Bも、A(主語)+動詞+more 形容詞/副詞 than Bも「A(主語)はBよりも…だ」と訳す
・主語から訳し始めると混乱しにくい

まとめ

今回は、「英語の比較級の見分け方とは」「英語の比較級の作り方」「英語の比較級の訳し方」についてご紹介しました。

苦手教科は、わからないところをそのままにしてしまうことで、さらに苦手意識が高まってしまいます。わからないところはそのまませず、ひとつひとつ理解していくことが大切です。家庭教師なら、自分のペースでわからないところが聞けるので、苦手意識がなくなります。

学研の家庭教師では、年齢や目的、環境などに合わせたコースを多数ご用意しています。家庭教師の利用を検討している方は、各コースの詳細ページにそれぞれのコースの概要や料金について詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

お問合せ・資料請求はこちら

御見積、資料のご送付、家庭教師に関する
ご相談やご質問をご希望の方

お電話でのお問合せ

受付時間:9:00-21:00(月曜~土曜)

お急ぎの方はお電話でご相談いただけますと、その場で疑問やご相談にお答えし、体験授業・カウンセリングの申し込みも可能です。
お電話でお子様に合わせた学習プランの料金を無料でお見積りしております。お気軽にお問合せください。

コンテンツ紹介

関連サイト