お電話でのお問合せ

受付時間:9:00-21:00(月曜~土曜)

0120-351056

  • 学研の家庭教師 プロ講師コース 名門校合格のための一流講師陣

お子様に心から寄り添い、目標に向かって共に歩める方をお待ちしています。

万全の小学受験、中学受験、高校受験対策を実績ある学研の家庭教師にお任せください。

  • 行きたい志望校出身の先生に教えてもらえる!学研の家庭教師オンライン
  • 指導歴7年以上の講師のみ在籍! プロ講師コース 最高峰の授業がここに
  • 一人で悩まないで不登校のための専門家庭教師
  • TOP
  • コラム
  • 家庭教師の個人契約とは?メリットやデメリット、通常の家庭教師との違いを解説

コラム

家庭教師の個人契約とは?メリットやデメリット、通常の家庭教師との違いを解説

塾・家庭教師の選び方

家庭教師にはさまざまな契約方法があり、その中でも費用面でお得なのが個人契約です。
子どもに集中して勉強してもらうために家庭教師を契約したいけど、費用は抑えたいという方に向けて、個人契約の特徴、メリット、デメリットを解説します。
個人契約について正しい知識を取り入れ、通常の契約との違いも理解した上で、後悔しない選択肢を取りましょう。

家庭教師の個人契約とは

家庭教師の個人契約とは

家庭教師の個人契約とは、家庭教師センターから家庭教師が派遣される一般的なシステムとは違い、個人の家庭教師をお願いする方法です。
個人で家庭教師として活動している方を探す方法もありますが、知り合いの学生や子どもの志望校を卒業している方に依頼する方法もあります。
実際にどのようなルートから個人の家庭教師を見つけられるのかを解説します。

知り合いなどからの紹介

知り合いから紹介してもらう、知り合いに依頼する方法が個人契約の中では一般的です。
偏差値の高い学校に通っている、または卒業している方に依頼すれば、子どもの受験に適した指導をしてもらえます。
家庭教師となる人を探していると周囲に言えば、人材を紹介してもらえることもあります。
家庭教師として活動していない方と契約する場合もありますが、その場合は、教えてもらう科目や時間など契約内容を細かく決める必要があります。

マッチングサイトを利用する

知り合いに家庭教師にふさわしい人材がいない場合はマッチングサイトを利用するのもおすすめです。
家庭教師を探せる専用のマッチングサイトがあり、住んでいる地域や教えてもらいたい科目、志望校などから理想の人材を探します。
個人の家庭教師として実績が多い方も探しやすく、プロフィールも事前に確認できるため、安心して依頼できます。
マッチングサイトは家庭教師と各家庭をつなぐためだけのものなので、契約やトラブルの対処などはしてくれないケースがほとんどです。事前にサイトがどこまでサポートしてくれるのか確認しておきましょう。

個人契約のメリット

個人契約のメリット

家庭教師の個人契約には、料金が抑えられる、契約内容を柔軟に決められる、さらに講師を選べるといったメリットがあります。

料金が抑えられる

家庭教師センターと契約するよりも、個人契約の方が料金を抑えられる傾向にあります。
家庭教師センターは質の高い家庭教師を派遣するために事前に研修を行ったり、厳しい採用試験を行ったりしています。教材費などを支払わなければならない家庭教師センターもあります。さらに、家庭教師を管理するために事務所を用意し、スタッフも雇用しなければなりません。家庭教師の料金にはこれらの研修費、人件費、事務所の家賃や光熱費などが含まれているため、どうしても料金が高くなってしまいます。

教師を選ぶことができる

もともとの知り合いや親せき、知人からの紹介、さらにマッチングサイトなど、自分が主体となり家庭教師を選べるのも個人契約のメリットです。
家庭教師を派遣してもらう場合は家庭教師センターに登録されている家庭教師からしか選べなかったり、自分では選べなかったりすることも珍しくありません。
どのような人が来るのかわからない、子どもとの相性がわからないままでは、家庭教師を依頼するのも不安になってしまいます。家庭教師センターでは質が高く信頼できる家庭教師を用意していますが、知り合いや自分で選んだ人の方が良いという場合は個人契約を検討しましょう。

個人契約のデメリット

個人契約のデメリット

個人契約には家庭教師センターとは違うメリットもありますが、当然デメリットも存在します。
講師の信頼度が落ちること、トラブルの対処法を用意しておかなければならないことなど、事前にデメリットも確認しておきましょう。

講師が来なくなる

家庭教師を個人契約すると、講師が突然来なくなってしまう可能性があります。
家庭教師センターとは違い責任感がない方を選んでしまうケースもあり、軽い気持ちで契約される可能性もあります。
アルバイトや授業、遊びなどの理由で遅刻してくる、当日いきなり来られない旨の連絡が来るなど、何かとストレスを感じることもあります。
自身だけでなく、急な予定変更は子どもにとってもストレスとなるため、契約は慎重にならなければなりません。

受験が終わっても講師が押しかける

一般的な家庭教師センターと契約する場合、期間はあらかじめ定められています。
テスト前だけ、受験前だけなど、契約期間を定められるのは家庭教師センターの特徴です。
一方で個人契約は、受験が終わっても無理やり講師が押しかけてくる可能性もあります。
授業をしてもらったからには料金を支払わなければならず、無駄な出費となってしまいます。

トラブル解決は自分で行わなければならない

「突然のキャンセルが多い」「思うように成績が伸びない」「きちんと授業をしてくれない」などのトラブルが発生しても、個人契約の場合仲介してくれる存在がいません。そのため、個人間でトラブルを解決する必要があります。
さまざまなトラブルを想定して契約内容を決める必要がありますが、イレギュラーなトラブルに発展する可能性もあり、場合によっては弁護士に相談する必要が出てくる可能性もあります。時間や費用の負担が増える可能性にも注意しましょう。

教師の質を見極める必要がある

個人契約では自分で家庭教師を決められますが、自分自身で家庭教師の質を見極めなければなりません
家庭教師センターの場合は一定以上の学歴がある、現役の大学生など、さまざまな実績のある家庭教師を用意しています。
ですが、個人契約の場合は学歴の真偽だけでなくどのような実績があるか、指導経験はあるかなどを確認する必要があります。
実績保証がなく、家庭教師としての研修を受けていない人がほとんどなので、家庭教師の質が家庭教師センターより劣る可能性が高いことも理解しておきましょう。

受験情報や模試情報のデータが手に入らない

個人契約では受験データや模試のデータなどを入手できず、本格的な受験対策が難しくなります。
家庭教師センターでは毎年さまざまな学校の受験情報や、全国模試の情報などを収集しています。これらのデータを受験に役立てたり、最適な教材、カリキュラムを用意したりしてくれる家庭教師センターもあります。
個人契約の場合は受験対策のフォローが手薄になってしまうため、別途自身で情報を集めたり、塾に通って全国模試を受けたりしなければなりません。
模試対策や結果をふまえての指導もしてもらいにくく、本格的な受験対策として利用しにくいというデメリットがあります。

通常の家庭教師とどっちがいい?

通常の家庭教師とどっちがいい?

家庭教師を選ぶ際は通常の家庭教師センターと、個人契約の家庭教師と、どちらの方が良いのか考えましょう。
質の高い教師を派遣してほしい、本格的な受験対策がしたいなら家庭教師センターがおすすめです。
費用面だけで個人契約を選ぶとかえって損をする可能性もあるので気をつけましょう。

料金を抑えたいなら

料金を抑えることが最優先であれば、個人契約の家庭教師が良いでしょう。料金相場などもありますが、基本的には個人間の契約となるので、交渉次第ではかなり安く抑えることも可能です。
しかし、料金が安い個人の家庭教師には注意が必要です。その場合「とりあえず経験してみたい」「とにかくバイトがしたい」などの学生が紛れている可能性もあります。
料金を抑えることを考えすぎて、肝心な授業が疎かになっては本末転倒ですので、注意しましょう。

相性抜群の可能性

相性抜群な家庭教師を望むのであれば、個人契約の家庭教師が良い可能性があります。例えば子どもが志望している学校を卒業している人が親戚などにいる場合、その人にお願いするのも良いでしょう。
その場合、学歴はもちろん、「親戚の子を絶対に合格させてやりたい」という強い思いが現れ想像以上の効果が現れる場合などもあります。子どもも「親戚のお兄さん」という安心感の中で勉強することができます。しかし、このような例はかなり稀なケースと考えられます。
場合によってはその思いが強すぎて空回りしてしまう場合は、子どもへ必要以上のプレッシャーとなってしまう場合もあるので、慎重に考える必要があります。

教師の質を求めるなら

質の高い講師に指導してもらいたいなら家庭教師センターが適しています。
家庭教師センターでは採用時に一定以上の学歴、学力があることが重視されます。採用後も研修を受け、指導方法を身につけた家庭教師に適切な指導をしてもらえます。
家庭教師としての実績が豊富にある教師も多く、安心して子どもを任せられます。
さらに、家庭教師センターの中では講師の変更を希望できるところもあります。子どもとの相性が悪い、学力が伸び悩んでいるという場合は講師を変更して様子を見ることも可能です。
ミスマッチを防ぐために子どもの学力や志望校、性格などをしっかりヒアリングして、最適な講師を選んでくれるのも家庭教師センターの優れた点です。

受験に活用するなら

受験対策として家庭教師を選びたいなら家庭教師センターを選びましょう。
家庭教師センターには、受験に関する情報が豊富にあります。例年の受験データや全国模試の情報、さらに対策に最適な教材を独自に用意している家庭教師センターも多いです。
志望校の受験者の傾向や、過去問対策、同じくらいの偏差値の学校、さらに滑り止めに最適なレベルの学校の提案なども受けられます。
このような情報は個人では集めにくく、個人契約の家庭教師からは教えてもらえないことがほとんどです。
塾と併用する方法もありますが、家庭教師だけで本格的な受験対策がしたいのであれば、受験対策に強く豊富な実績を持つ家庭教師センターを選びましょう。

まとめ

個人契約の家庭教師は料金が安く、気心の知れた相手に指導を依頼できるメリットがあります。一方で、本格的な受験対策には向かず、トラブルに発展した際も解決が難しくなってしまいます。
余計な負担を受験勉強中の子どもに与えないためにも、安心して依頼できる家庭教師センターを選ぶことをおすすめします。
家庭教師センターを選ぶ際も、トラブルや不満を防ぐために、どのような受験対策を行っているか、過去にどのような実績があるか、さらに在籍している講師の質などを確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました