• ホーム
  • /  中学受験に向けて成績を上げるには?家庭教師を利用するメリットも紹介

中学受験に向けて成績を上げるには?家庭教師を利用するメリットも紹介

中学受験に向けて、「塾に通って頑張って勉強しているけど思うように成績が上がらない」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?また、周囲に中学受験に取り組む友達も少なく、どのように対策を行えばいいか、勉強法が分からないという人も多いと思います。
この記事では、塾に通っていても成績が上がらない理由や、成績を上げるために学年別にすべきこと、中学受験対策に家庭教師を利用するメリットについて紹介します。

塾に通っていても成績が上がらない理由

まずは、塾に通っていてもなかなか成績が上がらない理由を考えてみましょう。

①今通っている塾が合っていない

先生の教え方、スピード、周りの雰囲気など、合わない理由は様々です。塾が合わなければ子どものモチベーションも上がらず、もちろん成績も上がりません。
今通っている塾が合わない理由がはっきりしているのであれば、その原因を解消できる塾への変更を検討しましょう。

②家庭学習ができていない

どの年代においても共通していますが、学習はインプット後にアウトプットしなければ定着しません。塾の授業は基本的にインプット作業なので、アウトプットとして宿題や復習を必ずすることが重要です。宿題をきちんとしていない、家庭学習の時間を取っていないなどであれば、自主的に家庭学習の時間をしっかり確保しましょう。

塾に通っていても成績が上がらない2つの理由を紹介しましたが「ここまでは分かっているのだけど…」という人もいるのではないでしょうか?この2つが解決しているはずなのに、成績が上がらないという人も多いはず。
その場合に、具体的に何をすればよいか?学年別に紹介します。

【学年別】成績を上げるためにすべきこと

【学年別】成績を上げるためにすべきこと

「今何年生なのか」「自分の位置がどこなのか」で、成績を上げるためにすべきことが違ってきます。

小学4年生以下

まずは、算数、国語を強化しましょう。算数、国語の基礎が4年生まででしっかりと固まれば、その後成績を伸ばしやすいです。どちらか、または両方が苦手になっている場合は、他の教科よりも算数と国語の学習時間のウェイトを大きくしましょう。特に、計算ミスが多い、漢字が覚えられない、といったことはこの時点で克服しておきたいポイントです。
また、この年齢だと、どこを苦手としているかが自分では分からない子が多いため、親や担当している先生が「何が原因で」「どこが苦手か」をきっちり見つけてあげる必要があります。そのために、子どもが学習している様子をじっくり見てあげる時間を取りましょう。

小学5年生

小学5年生は、最もインプットの多い時期です。とにかく、新しく学習したことはその場で必ず消化し、夏休みや冬休み等の復習の時期には、苦手克服に時間を割きつつも、全体的な復習ができるようにしましょう。塾に通っているのであれば、塾の授業でわからないところが出てきても、次の授業までには復習して理解できている状態に仕上げておくことです。
ただし、自力・家庭の力では難しいことでもあるので、その場合は迷わず個別塾や家庭教師などプロの第三者の力も借りましょう。

小学5年生2月~小学6年生

①志望校がトップレベル(御三家など)の場合

集団塾(特にクラス別になっている塾)の場合は、「授業が合っていない」というわけでなければやめる必要はありません。レベルの高い周りの生徒と切磋琢磨する環境、豊富な対策演習問題などは、この時期からどんどん必要になってくるからです。
ただし、大量の演習をするため、時間がないからといって、わからない・解けない問題はすぐ答えを見て解こうとするのは避けましょう。応用力を鍛えるためには、「考える」時間が必要です。一番いいのは、付きっ切りの先生に1つずつヒントを出してもらいながら考えられる環境です。

②志望校がトップレベル以外の学校の場合

集団塾の場合は、個別での指導に切り替えることも検討しましょう。小学5年生の1月時点で受験に必要な知識のインプットは終わっていることが多く、2月以降はアウトプットが必要だからです。塾の授業や宿題が負担となり、本当に必要な勉強ができない可能性も考えられます。
志望校がトップレベル以外の学校の場合、ハイレベルな問題の出題もありますが、どちらかというと傾向に対しての対策を打つべきです。志望校に向けて苦手をつぶし、志望校に特化した学習スケジュールで進めていく方が断然効率が良いです。

このような対策をするために、集団塾や個別塾に通っていても、個々に見てもらえる家庭教師を併行する方が安心です。もし志望校がはっきりしているのであれば、家庭教師の指導のみで受験を考えた方が良いでしょう。

中学受験対策で家庭教師を利用するメリット

中学受験対策で家庭教師を利用するメリット

①指導から自主学習までが家庭内で完結できる

中学受験は家庭学習が肝となります。中高生と比べて小学生は、家庭学習がなかなか上手くいかないことが多いかと思います。どの学年においても、通塾の有無にかかわらず、家庭学習の時間を多く確保する必要があります。
普段から自宅で指導してもらえる家庭教師であれば、学習状況はもちろん、子どもの性格・家庭環境なども把握できています。そのため、教材や時間の使い方だけでなく、学習場所の工夫や必要な家族の協力までも助言してもらえます。

②志望校に特化した対策を取ることができる

家庭教師は、集団塾や個別塾に比べ、その生徒に対してより適正のある(志望校の合格実績がある、志望校出身など)教師が選ばれ、派遣されることが多いです。そうすることで志望校に特化した対策を取ることができるのは、大きなメリットでしょう。
学校によっては受験の傾向がはっきりしており、志望校の傾向と対策次第では、偏差値以上の学校も狙えます。ですから、高校受験や大学受験よりも対策を打ちやすく、模試などで出される偏差値よりも高い志望校に合格する、といったことも起こりやすいのです。

③志望校や受験スケジュールの相談ができる

家庭教師は、基本的にはずっと同じ教師が担当となるので、担当している生徒の将来や性格を理解し、受験校としてよりその子に合った志望校を提案してくれます。また、1日のうちに午前受験・午後受験があったり、他府県の学校を受験したり、複雑になりやすいスケジュールについても、1人1人に合わせて考えてくれるので、大きな支えとなるでしょう。

まとめ

塾に通っていても成績が上がらない場合は、塾が合っているかどうか?家庭学習の時間をきちんと取れているかどうか?を確認しましょう。そして、小学4年生以降は、学年別に最適な勉強方法を選ぶことが大切です。
志望校に特化した対策を取れる、個人に合わせたスケジュールを組んでくれるなどといったことを考えると、家庭教師に依頼した方が効率良く中学受験に備えられるでしょう。

学研の家庭教師では、志望校合格のために、各中学の過去問・公開模試対策や入試傾向の分析など、中学受験に備えた中学受験コースがあります。
一人ひとりにあった学習プランを提案し、受験終了までしっかりと学研の家庭教師がサポートを行いますので、ぜひ詳しくご覧ください。

お見積り・ご相談・体験講座お気軽にお問い合わせください。 【受付時間】 月曜〜土曜9:00〜21:00

0120-351056

お問合せ・学習相談予約等

お見積り・ご相談・体験講座 お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・学習相談予約等

電話から

お見積り・ご相談・体験講座 お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・学習相談予約等

電話から