• ホーム
  • /  高校受験に必要な準備や対策は?家庭教師を利用するメリット

高校受験に必要な準備や対策は?家庭教師を利用するメリット

受験といえば、中学校までは義務教育なので、高校受験で初めて受験を経験するという人が多いですよね。

そのため、受験に向けた準備や対策、勉強方法などをどのようにしたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

この記事では、高校受験に必要な準備と対策、家庭教師を利用するメリットを解説します。

高校受験に必要な準備と対策

高校受験に必要な準備と対策

中学校では、何らかの部活動を行っている人がほとんどです。ノー部活デーの導入によって部活動を行わない日が設けられましたが、それでも朝練や土日の練習、授業後の練習などで疲れ切って勉強できないという人も多いと思います。

「部活を引退してからでも間に合う」と思っている人も多いかもしれませんが、同じ考えの人は周りに大勢います。余裕を持って受験に臨むには、早く高校受験に向けた準備と対策に取り掛かることが重要です。

高校受験に必要な準備と対策として、以下の3つのポイントが挙げられます。

・毎日の学習計画を立てる
・学校のノートの取り方を工夫する
・内申点対策をしっかりする

各ポイントを詳しく解説していきます。

毎日の学習計画を立てる

毎日の学習の中で大切なのは、予習してから授業を受けて、授業後の復習で知識を定着させることです。3年生になると同時に受験モードに切り替えても、3年生の内容を学びながら1・2年生の復習を同時に行うことは容易ではありません。
そのため、予習復習をしっかりとできる環境づくりや、毎日の学習計画を立てることが重要です。普段から学習計画を立てることができれば、自然と勉強する習慣も身に付いてくるでしょう。

学校のノートの取り方を工夫する

学校で取ったノートは、あとで復習するときに必ず使います。
そのため、あとで自分が復習しやすいようなノートの取り方をしておくだけで、効率よく復習ができます。

内申点対策をしっかりする

高校受験は通知表を点数化した内申点と当日のテストの両方で判断されるため、内申点を上げておく必要があります。

内申点は定期的に行われるテスト結果だけでなく、普段の課題提出や授業態度、発表なども重視されます。

3年生になってから内申点を上げようとしても簡単には上がらないため、日頃から真面目に取り組んでおきましょう。

家庭教師を利用するメリット

家庭教師を利用するメリット

高校受験に向けて専門家のサポートを受けたいと考えていても、塾と家庭教師のどちらを選べばいいのか分からない人も多いと思います。

勉強方法が自分に合っていなければ成績が伸び悩んでしまうため、自分に合う勉強方法を選ぶことが重要です。

家庭教師のメリットとして、以下の3つが挙げられます。

・通塾の時間を勉強にあてられる
・自分に合った授業プログラムを組んでもらえる
・身近で相談に乗ってもらいやすい

各メリットを詳しく解説していきます。

通塾の時間を勉強にあてられる

1つ目のメリットは、通塾の時間を勉強にあてられるという点です。

塾は駅前や大型総合施設などに集中しているケースが多いため、住宅街に住んでいる人は自分で向かう、もしくは両親に送迎してもらうことになります。

仮に塾に行くのに往復で20分かかったとします。週2回、1年で96回塾に通ったと考えると、移動に32時間を費やしていることに。

また、夜道の移動は事故や犯罪にあう可能性もあり、送迎をするとなると担当する両親の負担も大きくなってしまいます。

通塾や送迎にかかっている時間を勉強に回せることを考えると、家庭教師の方が効率的です。もし部活動などをやっていたら、少しでも勉強時間を多く確保したいと考える方も多いですよね。
家庭教師であれば教師が自宅に来てくれるので、通塾や送迎の時間を気にせずに勉強時間に回せるというメリットがあります。

自分に合った授業プログラムを組んでもらえる

2つ目のメリットは自分に合った授業プログラムを組んでもらえるという点です。

塾の集団コースの場合は、学校と同様に複数の生徒と一緒に授業を受けることになります。自分の理解度に合わせてくれるというわけではなく、周りが気になって質問できなければ理解を深めることができません。

個別コースを導入する塾も増えましたが、通塾に時間がかかるという点は変わらないので非効率的です。

家庭教師であれば「1対1」で自分の理解度に合わせた授業プログラムを組んでくれます。周りを気にせずに済むため、納得いくまで質問できるという点も大きなメリットです。

「普段の勉強をどうしたらいいか分からない」「学習計画をうまく立てられない」という場合でも、家庭教師が自分に合った勉強方法や計画の組み方を教えてくれます。

身近で相談に乗ってもらいやすい

3つ目は身近で相談に乗ってもらいやすいという点です。

塾の場合、黙々と授業が進んでいくケースが多いため、授業関係の相談はできても基本的に授業に関係のない話をする機会はありません。

しかし、中学生は思春期ということもあり、友達関係や部活のことなど様々な親に言えない悩みを抱えていることも多いです。

家庭教師は塾とは異なり、教師と生徒との距離が近いため、何でも相談しやすい点が大きなメリットです。

勉強のことだけでなく様々な悩みを相談することによって勉強に集中できるようになれば、さらなる成績アップも期待できるでしょう。

まとめ

中学校までは義務教育だったため、受験をしなくても中学生になれました。しかし、高校は義務教育ではないため、自分の希望する高校に入学するには高校受験を勝ち抜かなくてはなりません。
勉強の方法が分かっていて、独学で大丈夫という場合を除いて塾や家庭教師などのプロのサポートを受けることをおすすめします。
特に家庭教師は通塾時間を省ける、1対1で何でも相談できるため、効率良く成績アップを目指せるでしょう。

学研の家庭教師では、志望校合格のために、入試傾向の分析や過去問対策など、高校受験に備えた中学生コースがあります。
一人ひとりにあった学習プランを提案し、受験終了までしっかりと学研の家庭教師がサポートを行いますので、ぜひ詳しくご覧ください。

お見積り・ご相談・体験講座お気軽にお問い合わせください。 【受付時間】 月曜〜土曜9:00〜21:00

0120-351056

お問合せ・学習相談予約等

お見積り・ご相談・体験講座 お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・学習相談予約等

電話から

お見積り・ご相談・体験講座 お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・学習相談予約等

電話から