不登校による勉強の遅れを取り戻す方法

お子さんがなんらかの事情で学校に通えなくなり不登校になってしまった時、多くの場合は自分で家庭学習を進めることは難しく、勉強が遅れがちになります。お子さんはもちろん、親御さんも気持ちが焦るのではないでしょうか。しかし、不登校の状態でも、勉強の遅れを取り戻すことは十分可能です。

勉強の遅れを取り戻すことは、お子さんの自信にもつながるはずです。この記事では、不登校による勉強の遅れを取り戻す具体的な方法を解説します。

勉強を始める前に気を付けたいこと

勉強を始める前に気を付けたいこと

不登校による勉強の遅れを取り戻すためには、お子さんの生活リズムを整えることが大切です。成長期でもあるお子さん自身の体力作りも欠かせません。落ち着いて勉強するためにも、部屋や机も整理整頓しましょう。

生活リズムを整える

学校に行かないと、どうしても生活リズムが乱れがちです。もし、夜遅くまで起きている生活になってしまっている場合は、睡眠の質を悪化させるだけでなく日中の活動に影響を及ぼします。

生活リズムが整って昼型に戻れば、学校に復活するときもスムーズです。塾なども昼間から夕方ですし、中学受験や高校受験も朝から昼に行われます。突然夜型から昼型に変わるのは難しいので、少しずつ改善しましょう。

改善方法はまず、朝日をしっかり浴びること。朝日を浴びることで、「メラトニン」という睡眠に関与するホルモンが、夜きちんと分泌されるようになります。

このホルモンは、夜間に光を浴びることで分泌が遅れてしまうのも特徴です。そのため、夜ふかしをしない、夜遅くまでスマートフォンやタブレットを見ないようにすることも大切です。朝起きられないまま不登校につながったお子さんは、一度小児科に相談してみましょう。

体を動かす

生活リズムを整えることと関連しますが、不登校で家から出る機会が極端に減ってしまうと、どうしても体力が低下します。体育の時間もないため、体を動かす機会も減っているはずです。

激しい運動をする必要はなく、散歩やサイクリングから始めてみましょう。運動好きのお子さんなら、好きな運動で体を動かすようアドバイスしましょう。小学生の場合は、安全のためにも親御さんも一緒に行うことをお勧めします。体を動かすとストレス解消にもなりますし、夜もよく眠れるようになるはずです。

家庭で勉強する環境を整える

もしかしたら今、お子さんの部屋が散らかっていませんか?机の上はどうでしょうか。気が散るものは片付け、すっきりした状態で勉強ができるようにしましょう。気分が沈んでいるときは、特に部屋が散らかりがちです。片付けることで、気持ちが落ち着いてくるでしょう。

また、机の上が散らかっていると、必要なノートや鉛筆を探すのに余計な時間を取られたり、勉強に関係のないものに心を奪われたりします。
といっても、親御さんが勝手に片付けるのは、多くのお子さんが嫌がるはず。小学校高学年、中学生以上のお子さんに対してはアドバイスをするにとどめ、本人に任せることも大切です。小学校低学年のお子さんになら声をかけて、一緒に片付けましょう。

お子さん自身、上手な片付けの方法がわかっていない場合もあります。片付け用プラスチックケースやファイルをいくつか用意して、何を入れればよいかわかるようにラベルを貼るなど工夫してみましょう。
親御さん自身も片付けて、見本を示すのもいい方法です。ご自分の書斎や家事スペースを整理整頓してみてください。

勉強の遅れを取り戻す方法

勉強の遅れを取り戻す方法

お子さんだけで勉強の遅れを取り戻すのは、かなり強い意志が必要です。モチベーションアップのためにも、効率化のためにも、プロの力を借りることをお勧めします。

不登校専門の塾に通う

不登校の子ども向け塾なら状況を理解してくれますし、アドバイスもしてくれるでしょう。通うことで、同じ悩みを持つ友達ができる可能性もあります。

ただ、集団だと個人の学力に合わせにくいこともあり、お子さん自身の学力にマッチしないかもしれません。人が多いことが苦手なお子さんにとって、苦痛にならないよう注意が必要です。

個別指導塾に通う

個別指導塾は、生徒一人ひとりに合わせてカリキュラムを組んでくれるのが特徴です。一対一、またはごく少人数なので質問もしやすく、丁寧な指導が期待できます。不登校に理解のある塾なら安心です。

ただ、専門塾にしても、個別指導塾にしても、決まった日時での通塾の必要があるので、なかなか外に出かける気分にならないお子さんには負担になるかもしれません。

オンデマンド型オンライン授業を利用する

オンデマンド型オンライン授業は、自宅でかつ自分のペースで勉強を進めたいお子さん向けです。何度でも繰り返し視聴でき、わかりづらいところは再生速度を遅くできるので、弱点克服にも向いています。

しかし、その場ですぐに質問できないため、わからないことが解決できないままになるかもしれません。そして、ここが最も重要なポイントですが、自分の意志で授業を受ける必要があるため、勉強への意欲が低下しているときは継続が難しいでしょう。

家庭教師を利用する

家庭教師は自分のペースで勉強できるのが、最大のメリットです。自宅に来てくれるので、外出が苦手なお子さんでも安心です。生活のリズムがまだ整っていないときも時間の融通がきくので、不登校のお子さんに合った方法といえるでしょう。また、家庭教師の会社によっては不登校専門の部署を設けて、お子さんの状況に合わせた対応をしてくれるところもあります。

学校の教科書に沿った基本の勉強や、問題集などを利用した応用問題など、お子さんの状態に合わせたきめ細やかな指導ができます。塾やオンライン授業との併用もできるため、授業の遅れも取り戻しやすいでしょう。

個別指導塾に通う

個別指導塾なら、お子さんの状況に合わせたオーダーメイドのカリキュラムを組んでもらえます。一対一で教えてくれるため先生に質問もしやすいので、授業でわからなかった問題や弱点の克服に向いているでしょう。

ただ、実際の教室まで通う必要があるので、習い事や部活で忙しいお子さんはスケジュールを組むのが大変かもしれません。

まとめ

お子さんが不登校になると、勉強の遅れに多くの親御さんが不安を感じるのではないでしょうか。お子さん自身も不登校の悩みに加えて、勉強のことが心配になっています。

しかし、不登校による勉強の遅れは取り戻すことが可能です。まずは生活リズムを整え、勉強の環境を整えましょう。家にいることが多いため、体力を付けることも大切です。

自分だけで勉強するのは大変ですが、塾やオンライン授業、家庭教師といったいろいろな方法があります。お子さんに合った勉強方法で、プロの力を借りながら焦らずに進めましょう。

学研の家庭教師では、年齢や目的、環境などに合わせたコースを多数ご用意しています。家庭教師の利用を検討している方は、各コースの詳細ページにそれぞれのコースの概要や料金について詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

お見積り・ご相談・体験講座お気軽にお問い合わせください。 【受付時間】 月曜〜土曜9:00〜21:00

0120-351056

お問合せ・学習相談予約等

ご相談・お見積・資料請求・体験講座 お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・学習相談予約等

電話する

お問合せ・学習相談予約等

電話する